緊急時の対応について【在校生・保護者の皆さんへ】

自然災害等の生徒への対応

(1) 台風等異常気象時における生徒の登下校の指導について

 生徒の登校する以前に名古屋地方気象台から豊川市に暴風警報が発表されている場合

 ア 始業時刻2時間前までに警報が解除された場合は、平常どおり授業を行う。

 イ 始業時刻2時間前から午前11時までに警報が解除された場合は、解除後2時間を経て授業を始める。

 ウ 午前11時以降警報が継続されている場合は、授業を行わない。

 上記ア、イの場合
  道路の冠水、河川の増水等により登校が危険なときや交通機関の途絶等により登校が困難なとき
 居住市町村に暴風警報が発表されているときは、登校しなくてよい。

(2) 特別警報

登校以前に名古屋地方気象台から豊川市に「特別警報」が発表された場合

 (ア)授業を行わない。

 (イ)その日のうちに解除された場合も、授業を行わない。

 (ウ)解除後の授業の開始については、学校から生徒に連絡をする。

 ※ 上記()の場合
   道路の冠水・河川の増水等により登校が危険なときや交通機関の途絶等により登校が困難な生徒は
  登校しなくてよい。また、居住市町村に「特別警報」が発表されているときも、登校しなくてよい。

登校後に名古屋地方気象台から豊川市に「特別警報」が発表された場合

 (ア)即刻、授業を中止し、生徒の生命・安全を確保する。

 (イ)校内での留め置き、校外の避難場所への移動、保護者への引き渡し等、適切に対応する。

校内に留め置き、「特別警報」が解除された場合

  (ア)災害の状況及び気象、交通機関、通学路の状況等から、生徒の帰宅が困難と認められるときは
   引き続き校内に留め置き、生徒の安全を確保する。

 なお、地震については「緊急地震速報」(震度6弱以上を予想したもの)を
 津波については「大津波警報」を「特別警報」と同等の扱いとする。

(3)東海地震に関する情報への対応

 ア 「東海地震に関する調査情報」が発表された場合

  通常通り授業を行う。

 イ 「東海地震注意情報」若しくは「東海地震予知情報」が発表された場合

  授業を行わない。

    () 生徒が在校中の場合

 生徒は、授業、部活動等を中止し、下校する。
 なお、生徒の帰宅が困難と認められるときは、引き続き校内に留め置き、生徒の安全を確保する。

   () 生徒が登下校中の場合

  休校とし、生徒は帰宅する。

   () 生徒が登校する以前に発表された場合

 休校とし、生徒は登校しない。
 なお、授業の開始については、学校から生徒に連絡をする。

※ 学校への連絡について

  東海地震等大規模地震発生後は必ず学校へ被災状況を連絡する。
  その際は、災害用伝言ダイヤル「171」(注4)等を使用する。
    (基本的には「171」をまわし、ガイダンスに従って操作を行う。)

  * 災害用伝言ダイヤル「171」の録音方法
    171   →    1    →    (***)***−****   →  録音
        ガイダンス   ガイダンス     自宅の電話番号
  * 災害用伝言ダイヤル「171」の再生方法
    171   →    2    →    (***)***−****   →  再生
        ガイダンス   ガイダンス     自宅の電話番号
  * 学校からの伝言ダイヤルの再生方法
    171   →    2    →    (0533)85−4425   →  再生
        ガイダンス   ガイダンス     学校の電話番号

  注4 災害用伝言ダイヤル「171」は、警戒宣言発令前の段階から提供される予定である。
      ※使用法及び活用法の詳細は、NTTハローページを参照のこと。

      ※関連リンク先
        NTT西日本 http://www.ntt-west.co.jp/dengon/
        NTT西日本の災害用伝言ダイヤルの使用法
          http://www.ntt-west.co.jp/dengon/way/index.html
        NTT西日本の災害用伝言ダイヤルの疑似体験
          http://www.ntt-west.co.jp/dengon/pseudo/index.html