「特別警報」発表時の学校の対応について
学校としましては下のとおりの対応を図り、お子様の安全確保に努めてまいります。
ご家庭におかれましても、緊急時における対応や連絡方法等について家族会議を持つなど
「いざ」と言った時の準備を行ってください。


「特別警報」等の緊急時に係る連絡等につきましては、極力、学校からメール配信を行います
メールアドレスの登録がお済みでない方は、早急に登録をお願いします。

【「特別警報」発表時の学校の対応】
1 登校以前に名古屋地方気象台から豊川市に「特別警報」が発表された場合
 (1)授業を行わず、休業にする(登校しない)。
 (2)「特別警報」が、その日のうちに解除された場合も、授業を行わない(登校しない)。
 (3)解除後の授業の開始については、学校から生徒に連絡をする。

※(3)の場合、通学路の冠水・河川の増水等により登校が危険なときや
  交通機関の途絶等により登校が困難な生徒は、登校しなくてよい。
  また、居住市町村に「特別警報」が発表されているときも、登校しなくてよい。

2 登校後に名古屋地方気象台から豊川市に「特別警報」が発表された場合
 (1)即刻、授業を中止し、生徒の生命・安全を確保する。
 (2)校内での留め置き、校外の避難場所への移動、保護者への引き渡し等、適切に対応する。

3 校内に留め置き、「特別警報」が解除された場合
 (1)災害の状況及び気象、交通機関、通学路の状況等から、生徒の帰宅が困難と認められるときは、
  引き続き校内に留め置き、生徒の安全を確保する。

 

※「特別警報」とは・・・
 気象庁はこれまで、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていました。これに加え、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予想され、重大かつ大規模な災害の発生が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼び掛けることとしています。
「特別警報」発表時の対応の原則は、「ただちに命を守る行動をとる」ことです。
 なお、地震については「緊急地震速報」(震度6弱以上を予想したもの)を、津波については「大津波警報」を「特別警報」に位置づけています。